低層分譲マンション

低層分譲マンションのメリット

01

『ゆとりのある住環境を確保できる』

低層マンションの多くが建つのは、第一種または第二種低層住居専用地域などの住居系の用途地域です。

第一種または第二種低層住居専用地域は都市計画によって良好な住環境を維持するために「建物の高さは10mまたは12mまでに制限された地域」「敷地境界から建物の外壁までの距離を1mまたは1.5m離す」など厳しい条件が設けられています。そのため、将来にわたって高い建物が周囲に建つ可能性はほとんどありません。

周辺は一戸建てが立ち並ぶエリアのため、日当たりも良く、閑静でゆとりのある住環境を確保できます。

02

『階段の上り下りやエレベーター待ちのストレスが少ない』

低層分譲マンションは、高層分譲マンションの中層階に住んだときのようなエレベーター待ちが少なく、階段で下りることもできるため通勤時のストレスが少ないです。

日常的な外出も一戸建て感覚で気軽にできます。

外出の際にほかの居住者と顔を合わせる煩わしさも少ないです。

03

『災害に強い』

低層マンションでは壁式構造の物件が多く、地震に強く柱や梁の出っ張りがないため、家具の配置がしやすいです。

04

『資産価値が落ちにくい』

第一種・第二種低層住居専用地域に低層マンションを建てるには、ある程度ゆとりのある土地を確保する必要があります。
そのため、低層マンション自体の供給率は高層マンションより少ないものの、その分希少価値がアップするため資産価値が落ちにくい傾向にあります。

人気エリアでは希少性があるため、近年は、販売されるとすぐに完売するケースが目立ちます。

一戸建てを購入するよりも販売価格が安いことも、人気の理由です。

良好な住環境を維持できる低層マンションは時代を問わず一定の需要を見込めるため、将来売却を検討する際、より好条件で物件を売りに出せるようになります。